広島で七福神めぐりができるのはどこ?2019年の初詣は縁起物に願い事して夢を叶えよう!


スポンサーリンク





あなたの趣味や特技、自分だけで楽しむのもいいけど人に提供してみませんか?

あなたが持ってるノウハウやスキル、必要としている人がいます。

 

アルバイトが難しいサラリーマンの方、学生さんや専業主婦の方もOK、時間に縛られず自分の空き時間で副収入を得ることができます。

今なら無料登録でアマゾンギフトカードプレゼント中!

 

 

島駅のすぐ近くで七福神を巡って、縁起物にあやかることができる?

 

広島の街中からこんなに近いところに、由緒ある七福神が祀られているなんて、これぞ灯台もと暗し!というものですね。

 

初詣はもちろん学生さんや社会人の新しいスタートとして、事業やお店の起業の時など、七福神めぐりをして、幸せや富を引き寄せる未来を招いてもらってはいかがでしょうか?

 

広島のどこで七福神めぐりができる?

広島駅の北側、東区の牛田から二葉の里、山根町界隈に”二葉の里歴史の散歩道”というものがあります。

このエリアには900年代から1800年代に建造された、神社仏閣が点在しているところなんです。

 

二葉の里歴史の散歩道には15の神社仏閣があって、その中の比較的広島駅に近いエリアにある7つのスポットに、七福神が祀られています

 

広島駅の北口、ペデストリアンデッキを出て、左へ。

 

東西どちらから行っても良いのですが、今回の七福神めぐりはいちばん西側から見ていきましょうか。

 

恵比須天はもともと漁業の神で商売繁盛の神さま~饒津神社

広島駅の北口を出て西へ徒歩約15分、いびつな形をした交差点のにぎつガードの真ん前にあるのが饒津(にぎつ)神社

 

ここには、商売繁盛の神として知られる恵比須天が祀られています。

 

恵比須天(えびすてん)は釣り竿と鯛を持っている姿が印象的で、もともとは漁業の神さまだったのです。

 

広島では毎年11月にえびす講があるので、広島人にとってえべっさんはおなじみですね。

 

毘沙門天は財福を生み出し災難から守ってくれる神さま~明星院

饒津神社を出て目と鼻の先、東へ徒歩1分のところにあるのが明星院

 

ここには融通招福の神である、毘沙門天が祀られています。

 

毘沙門天(びしゃもんてん)は七福神の中で、唯一怖い顔をしている神さまです。

怖い顔をして、鎧のようなもので身を固め攻撃的に見えるのですが、これは外敵に対して私たちを守ってくれているのですね。

 

右手には宝棒、左手には宝塔を持っていて、財福を生み出して災難を取り除き、幸せを生み出してくれる神さまなのです。

 

弁財天は素直で岩の意思を通す唯一女性の神さま~鶴羽根神社

こちらの鶴羽根神社は明星院を出てすぐ近くにありますよ、徒歩で約2分のところです。

 

鶴羽根神社は背後にある山が、羽根を広げた鶴のように見えることからこの名前が付けられたそうで、ここで結婚式をあげる人も多いですね。

 

ここに祀られているのは知恵財宝の神さまの弁財天

 

弁財天(べんざいてん)は、七福神の中で唯一女性の神さまですね。

抱えているのは琵琶という楽器で、河の神・水の神として崇拝されています。

 

水のようにどんな器にも入る素直さを持っている反面、優しい顔からは想像できないほど岩をも通す強い意志を示されます。

知恵、弁財、財福の徳を兼ね備えた神さまなんですね。

 

福禄寿は長い頭が印象的な三つの徳を持つ神さま~広島東照宮

鶴羽根神社から東へ徒歩5分のところに、徳川家康を祀った由緒ある神社、広島東照宮があります。

 

ここに祀られている七福神の神さまは、招徳人望の神である福禄寿

 

福禄寿(ふくろくじゅ)は円満な人格で、その長い頭で物事を冷静に慎重に考えて行動することで、誰からも信頼・尊敬されます。

 

福禄寿という名前は、福は幸福を、禄は高禄(給与、金銭、物資を多く持つという意味)、寿は長寿を、という三つの徳を兼ね備えた神さまなのです。

 

寿老人は善行を積んで富を得る長寿の神さま~尾長天満宮

広島東照宮からは東へ徒歩10分、次に向かうのは尾長天満宮です。

 

尾長天満宮は、学問・書道の神として古くから崇拝されている菅原道真公祀られている神社なので、受験生の方はぜひお参りに行っておいて下さいね。

 

ここにいる七福神は、富貴長寿の神である寿老人(じゅろうじん)

 

思いやりのある正しい心で善行を積めば、富貴と長寿の両方が得られると云われています。

 


スポンサーリンク



大黒天は打ち出の小槌を持った開運の神さま~國前寺

尾長天満宮から歩いて約3分、國前寺に祀られている七福神の神さまは大黒天(だいこくてん)

 

大黒天は福徳開運の神といわれて、富をもたらす神さまです。

右手に打ち出の小槌、左手には大きな袋を背負っていて、立っているのは米俵の上。

 

頭に付けている頭巾は、上を見ないという意味で、米俵が三つというのは、三俵で満足するという欲張らない、謙虚な心を示しています。

 

初詣だけじゃない、こちらのスポットもおすすめです。

布袋尊は笑って福を呼ぶ包容力のある神さま~聖光寺

國前寺の並び、徒歩3分のところには聖光寺があります。

 

ここには”笑う門には福来たる”でおなじみの、布袋尊が祀られています。

 

布袋尊(ほていそん)は福々しい大きなお腹を出して、その大きな耳で何でも聞いてくれる包容力を兼ね備えます。

限度を超えた欲望を避け、勤勉を心がけることで和合成功を叶えてくれる神さまです。

 

2019年の初詣にも七福神めぐりはおすすめ!

いかがでしたか?

広島駅から徒歩でも、半日もあれば十分に廻ることができる七福神めぐり

 

初詣にもぴったりで、この七社寺を巡拝する七福神巡りは、一年の幸せを確信できるかのような気分にさせてくれること間違いなしです。

 

各社寺とも駐車場はありましたが、初詣のシーズンでは大変混雑したり、歩行者通路を確保するため台数制限するところもあるようなので、最寄りのコインパーキングを使うか広島駅から徒歩で廻るのがおすすめです。

 

あなたもさっそく、2019年の初詣には二葉の里歴史の散歩道に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

 

年始には気持ちも新たに、目標をたてましょう。

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。

応援よろしくお願いします!


広島県ランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

 

【広島が好きじゃけぇ…】へのご意見・ご質問などありましたら、
お気軽にこちらのフォームからお問い合わせ下さい。

コメント