瀬戸内海のサワラは美味しいと評判!船釣りでたくさん釣ってたらふく食らう


スポンサーリンク





あなたの趣味や特技、自分だけで楽しむのもいいけど人に提供してみませんか?

あなたが持ってるノウハウやスキル、必要としている人がいます。

 

アルバイトが難しいサラリーマンの方、学生さんや専業主婦の方もOK、時間に縛られず自分の空き時間で副収入を得ることができます。

今なら無料登録でアマゾンギフトカードプレゼント中!

 

 

戸内海で美味しい魚介類といえば、どんなものを思い浮かべますか?

やはり、宮島で有名なカキやあなごでしょうか、小イワシやタチウオ、鞆の浦の鯛や三原のタコも有名ですね。

 

でも今回ご紹介するのは、瀬戸内海のサワラ!

大きくスマートな体で、外洋をスイスイ泳ぐイメージのサワラですが、意外にも冬場はイワシを捕食したり産卵のために瀬戸内海で過ごすんですね。

 

ボクの友人でもある、瀬戸内海ではるか丸という遊漁船業を営んでいる村上船長に、最近旬のサワラをいただく機会があったので、いちばん美味しく食べる方法を紹介しちゃいます。

遊漁船はるか丸のとある日の釣果

 

サワラは成長とともに名前が変わる出世魚
何センチからサワラって呼ぶの?

サワラはサバ科の肉食魚で、成長するに従って名前が変わる出世魚で、体長40~50cmではサゴシ、50~60cmになるとナギ60cm以上になってサワラと呼ばれるんです。

 

ウィキペディアによると、体長は最大で115cmとなっていましたが、このはるか丸ではこの時期に1メートル超えもジャンジャン釣れてますよ~。

 

サワラは日本全国どこでも生息していて、暖かい時期は太平洋や日本海をガンガン泳いでいます。

瀬戸内海にはエサとなるイワシがたくさんいるので、冬場のサワラは捕食と産卵場として瀬戸内海で過ごすことが多いのですね。

 

だから冬場に瀬戸内海で釣れるサワラは、実は脂が乗ってて最高に旨いんですよ!

遊漁船はるか丸のとある日の釣果

 

サワラの美味しい冬場に瀬戸内海で船釣りするなら”はるか丸”がおすすめ!

広島では瀬戸内海で船釣りをする人のために、遊漁船業を営む人がたくさんいます。

 

ボクの仲良くさせてもらっている村上船長も、遊漁船はるか丸で多くの船釣りファンの期待に答えています。

>>遊漁船はるか丸のサワラの釣果はこちら

 

村上船長によると、サワラが釣れるのは例年10月~翌年の1月末くらいまでという事、この時期は船長もサワラを狙うことが多くて、引きは強くて味も旨いとお客さんにはすごく好評なんだとか。

 

エサはイワシではなく、メタルジグという小イワシに似せた疑似餌を使うと、よく釣れるそうです。

 

瀬戸内海の遊漁船はるか丸は県外のお客さんも急増中!

瀬戸内海で船釣りをしたい、という釣り人の方は最近大変多いようで、村上船長のはるか丸もブログを始めてから、県外からのお客さんがすごく増えてきたと言います。

はるか丸ではレンタルロッドを用意しているので、県外から訪れても手ぶらで船釣りを楽しむことができますよ。

>>遊漁船はるか丸のご予約状況はこちら

 

もちろん狙うのはサワラだけでなく、タチウオやマダイ、ブリやハマチ、大アジにウマヅラハギなどなど、その時期の旬の魚を追ってくれるんです。

船着き場の近くにはクール宅急便のヤマト運輸もあるので、発泡スチロールケースに入れて、自宅に送ることも可能。

 

そして、驚くことに村上船長曰く、サワラは釣れたてより2~3日冷蔵庫で寝かせて、熟成させたほうが味が良くなる、との事でこれにはボクも目からウロコでした。

 


スポンサーリンク



瀬戸内海の旬のサワラは脂ノリノリ!炙りは旨くてとろっとろ!!

はるか丸の船長が、11月にサワラの調査釣行に出たということで、たくさん釣れたらしくボクのところに差し入れがありました。

 

いや~嬉しかったですね~。

こちらがそのサワラ、新鮮で目も体もツヤツヤです。

 

先ほども言ったように、熟成させるため2~3日寝かすのも取っとくのですが、我慢できずに1本だけ即調理に!

 

ボクはいつもはるか丸にはお世話になってて、釣らしてもらうこともあれば、差し入れにもらうこともあるので、一応三枚におろすことはできますよ~

皮は付いたままで、まずは刺し身のように食べやすく切ります。

 

お皿に盛って、使うのはコレ!ポータブルガスバーナーです。

ホームセンターにも売ってますよ。

 

皮めがけてしっかりと、焦げ目が付いてその下の身がうっすら白くなるくらいがちょうどいいです。

 

どうですか?ジュワ~っと脂が滴り落ちていい感じです、炙ると香りも良いんですよね~

 

さしみ醤油にもこだわってみました、地元広島の醤油メーカー川中醤油のさしみ用のむらさきです。

 

わさびをちょんとのせて、醤油はちょいと付けていただきま~す!

炙ると香りも良いんですよ。

…とろけます、絶句。。

 

 

 

 

瀬戸内海の船釣りなら遊漁船はるか丸で決まり!

いかがでしたか?

食べたくなりますよね~?

 

瀬戸内海でも、船釣りなら大物は結構釣れるっていうのは意外でしたか?

 

冬場は瀬戸内海のサワラ、ぜひ一度食べてみていただきたいですね。

でも、居酒屋さんとかでもあまり置いていない、知る人ぞ知る瀬戸内の味なんですよ。

 

大物が2~3匹釣れると、家族でたらふく食べても数日は楽しめますからね。

宮島や平和記念公園など観光も良いけど、こんな広島の楽しみ方もたまにはおすすめです。

 

>>広島の遊漁船はるか丸ホームページ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川中醤油 むらさき さしみ醤油 500ml《あす楽》
価格:580円(税込、送料別) (2019/1/4時点)

 

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。

応援よろしくお願いします!


広島県ランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

 

【広島が好きじゃけぇ…】へのご意見・ご質問などありましたら、
お気軽にこちらのフォームからお問い合わせ下さい。

コメント