宮島ロープウェイの乗り場はココ!宮島全体の景色や紅葉のパノラマを上から眺めよう


スポンサーリンク





あなたの趣味や特技、自分だけで楽しむのもいいけど人に提供してみませんか?

あなたが持ってるノウハウやスキル、必要としている人がいます。

 

アルバイトが難しいサラリーマンの方、学生さんや専業主婦の方もOK、時間に縛られず自分の空き時間で副収入を得ることができます。

今なら無料登録でアマゾンギフトカードプレゼント中!

 

 

宮島に行ったら、ぜひ行ってみてほしいのが弥山(みせん)という山。

 

弘法大師・空海によって開基されて、あの平清盛や伊藤博文も登ったことのある、由緒ある山なんですね。

弥山へ行くのに、ぜひ使ってほしいのが宮島ロープウェイ

 

360度ぐるりと見渡せる、宮島ロープウェイ。

車内からの瀬戸内の大パノラマは圧巻です!

 

宮島ロープウェイに乗りたい!という方はもちろん、観光は好きだけど登山は苦手、あまり時間がとれないといった方にも、宮島ロープウェイは大変便利です。

 

宮島ロープウェイの乗り場へは無料送迎バスでも行ける

フェリーの到着する宮島桟橋を出ると人の流れは右方向へ、宮島のシンボル大鳥居や厳島神社、おみやげ屋さんの並ぶ表参道商店街へと続きます。

 

厳島神社の裏通りを少し山手の方向へ行くと、宮島でも人気の紅葉スポット、紅葉谷公園へ行くことができます。

 

その紅葉谷公園の中を通り過ぎていくと、宮島ロープウェイの乗り場である紅葉谷駅に着くのですが、紅葉谷公園入口から無料送迎バスで、ロープウェイ乗り場へと行くこともできます。

 

紅葉谷公園へから駅までは徒歩で約10分、無料送迎バスを使うと約3分。

もちろん時間短縮することができるけど、やはり紅葉谷公園の中はゆっくりと歩いて、秋には紅葉を楽しみながら歩いていってほしいですね。

 

宮島ロープウェイの待ち時間は?

 

ボクが行った時は紅葉シーズンの始まりだったので、朝の10時頃だったけどすでにこの行列ができていました。

 

最後尾に並んでこの看板を目の前にすると、待ち時間は約20分。

 

紅葉谷駅に着くと、シーズンや時間帯によってはほとんど混雑している場合が多いでしょう。

 

事前に切符を持っていない場合は、ちょっと列を外れてここで切符を買いましょう。

料金は大人は片道1,000円(往復1,800円)、子どもは半額になっています。

 

帰りも乗るなら往復を、帰りの道では景色を楽しみながらゆっくり歩いて降りるなら片道を。

 

スポンサーリンク

宮島ロープウェイは紅葉シーズンはいつも混雑…

宮島は紅葉の美しいスポットです。

名前の通り、秋には紅葉を目当てにたくさんの人が訪れます。

 

ピークを迎える11月の中旬から下旬には混雑を避ける、という方が難しいでしょう。

 

弥山の山頂でお弁当を食べる、という人も多いので昼前から2~3時くらいが混雑のピークになるかと思います。

 

夕方もあまり遅くなってしまうと、帰りの便を気にしながら気ぜわしくなってしまうので、やはり朝の早い時間に乗り込むのがベストですね。

 

あと、先ほどご紹介した紅葉谷駅までの無料送迎バスですが紅葉谷公園が混雑してくると、交通事故など危ないので運行が中止されることになっています。

 

宮島ロープウェイは循環式と交走式

宮島ロープウェイに乗ると、弥山の手前の獅子岩(ししいわ)駅まで乗車時間約14分で行くことができます。

 

ただし直通ではなくて、一度乗り換えのために榧谷(かやたに)駅を経由しないといけません。

 

宮島ロープウェイの運行形式は、循環式と交走式があります。

循環式は紅葉谷駅から榧谷駅の約10分間で、行きと帰りのワイヤーがひとつの輪っかになっていて、その中を車両がぐるぐると廻っているイメージですね。

 

この間の車両は8人乗りとちょっと小さめで、見知らぬ人との相席となるので、ちょっと窮屈で違和感を覚える人もいるかも知れません。

 

榧谷駅に着くとすぐに乗り換えです。

 

終点の獅子岩駅までは約4分、この間は交走式といって行きと帰りのワイヤーが、別々のルートで対面通行するイメージですね。

 

乗車店員は30人で、もちろん回転を上げるために定員いっぱいまで乗り込むことになるので、若干窮屈な感じは否めません。

 

30人のうちの最初の方に乗ることができれば、座れたり、窓側の位置をキープすることができます。

 

宮島ロープウェイからの景色は最高!

いや~、宮島ロープウェイからの景色は想像以上のものでした。

 

紅葉シーズンだったので、山のあちこちに紅葉を見ることができて上から見下ろす紅葉というのも、なかなかのものだと思いました。

 

それに加え、絶景も良かったけど空中を自転車で走っているようなイメージなので、あっという間に弥山を目指すことができます。

 

乗る前はちょっと高いな?と思っていた往復料金の1,800円ですが、乗ってみるとそのコストパフォーマンスの高さを実感できると思いますよ。

 

弥山の山頂へは徒歩でもうひと頑張り必要です!

宮島ロープウェイの終点、獅子岩駅に着くと、弥山山頂もすぐそこといったイメージを持っている方も、多いかもしれません。

ボクもそうだったので…。

 

しかし、弥山の山頂までは徒歩で、もうひと頑張りが必要です。

弥山は魅力的なスポットがたくさんあるので、また別の記事でたっぷりお伝えしますね。

 

獅子岩駅前にある展望台でも絶景は十分楽しめるので、弥山に登る体力や時間のない人は、獅子岩駅までで引き返すのもアリだと思いますよ。

 

宮島の記事特集はこちらから

世界遺産 宮島に関する記事は、他にもたくさんあります。

どうせ行くなら、前もってササッと調べて効率よく宮島を楽しみたいものです。

 

ぜひチェックしておいて下さいね。

>>行く前から宮島通になる

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。

応援よろしくお願いします!


広島県ランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

 

【広島が好きじゃけぇ…】へのご意見・ご質問などありましたら、
お気軽にこちらのフォームからお問い合わせ下さい。

コメント