マツダミュージアムの展示車は幻の車がいっぱい みんな一斉に写真撮影するスポットとは?


スポンサーリンク





あなたの趣味や特技、自分だけで楽しむのもいいけど人に提供してみませんか?

あなたが持ってるノウハウやスキル、必要としている人がいます。

 

アルバイトが難しいサラリーマンの方、学生さんや専業主婦の方もOK、時間に縛られず自分の空き時間で副収入を得ることができます。

今なら無料登録でアマゾンギフトカードプレゼント中!

 

 

マツダミュージアムでは、エントランスホールを過ぎると最初に現れるのが歴史展示コーナー

 

1920年の創業から今日に至るまでのマツダの歴史を、往年の名車とともに鑑賞することができるので、マツダマニアならずともここは息を呑むほどの空間であります。

 

マツダミュージアムの中でも、このコーナーを目当てに来る人は多いのではないでしょうか?

というボクも、このコーナーをいちばん楽しみにしていました。

 

今回は、マツダミュージアムの歴史展示コーナーに展示されている車種の中からピックアップして、いくつかご紹介しようと思います。

 

マツダTCS型三輪トラック 1935(昭和10)年式

マツダが初めて自動車の製造を始めたのは1931年のこと。

このモデルは1935年式で今では当たり前ですが、エンジンとトランスミッションを一体化する、というのがこの時のマツダの最新技術だったようです。

 

この後出てくるオート三輪っていうトラックなら知ってたけど、まさかマツダの初期の車がこのようにバイクみたいな形だった、なんてボクもびっくりしました。

 

面白いのは、当時この車を売っていたのは三菱商事だったそうで、ガソリンタンクのとこ、よ~く見るとMazdaって書いているけど、バックは三菱のマークになっているんですね。

 

マツダコスモスポーツ 1967(昭和42)年式

1967年、マツダが誇る独自の技術で世界初の2ローター・ロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツが登場しました。

この車でマツダは、世界中の注目を集める自動車メーカーへと変貌していくのですね。

 

ガイドさんの説明にもありましたが、この車って当時の価格は148万円。

といっても、当時の大学初任給は2万円、という時代だったので、単純に現代の価値に換算すると1,500万円以上してた、ってことになるんですね~

 

しかし、今見てもこんなにカッコいいんだから、当時世界中の注目を集めたというのもうなずけます。

良いケツしてますよね~、ホント斬新です。

 

 

マツダB360トラック 1967(昭和42)年式

1961年、マツダが軽バンタイプの商用車に初めて進出したのがこのB360です。

 

1963年には乗用車並みのエンジンと装備にもこだわった、先進的な軽トラックを発売しました。

それがポーターっていうヤツで、このB360は後にポーターという名前に変わったんです。

ボクが子供の頃によく見たのは、バンタイプのポーターバンやトラックタイプのポーターキャブが記憶に焼き付いてますね。

このポーターキャブ、タレ目のライトと出っ歯のナンバープレートが特徴の、ガチャピンの顔に似せた改造車がありますよね。

 

マツダボンゴ1000バン 1968(昭和43)年式

ボクにとってこの初代ボンゴって車は幼い頃を思い出す、とても懐かしくて胸がキュンとなる車ですね。

 

保育園に行ってる頃だったかな?

家の近所にスーパーってほど大きなものじゃないけど、昔で言うマーケットっていうのがあって。

毎日のように母ちゃんはそこで買い物してて、そこのマーケットで使っていたのがこの車だったんです。

 

このお店だけでなくて、幼い頃リアルで結構走ってた車です、いや~懐かしい!

 

マツダファミリアプレストロータリークーペ 1970(昭和45)年式

マツダを代表する大衆車ファミリア、初代はロータリーエンジンで、クーペタイプだったんですね。

 

なかなかスポーツ色のある車ですが、当時は大衆車がどのメーカーも高性能化へ変革を表していた時期だったのです。

車体価格は70万円で、100馬力のロータリーエンジンのクーペということで、大衆車のイメージを大きく変えられた当時の人々に大きなインパクトを与えたようです。

 

マツダオート三輪T2000 1971(昭和46)年式

1962年に発売されたのがこのT2000、いわゆるオート三輪ってヤツですよね。

 

ボクが生まれる前なので、幼い頃リアルでバンバン走っていたって記憶はないんだけど、なんの会社か忘れたけど、近所の会社の車庫に大切に止めてあったのを思い出します。

この当時で2000ccなんて、結構排気量のでかい車ですよね。

 

材木屋さんなんかに人気だったそうで、10年以上もモデルチェンジされずに愛され続けたロングセラーのトラックなんですね。

横から見てびっくり!こんなに長かったんですね~全長は6m超えです!

 

マツダサバンナGT 1972(昭和47)年式

マツダのロータリーエンジン車といえば多くの人はサバンナRX-7を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

でも1971年に”ロータリースペシャルティー”というキャッチフレーズで発売されたサバンナGTの方が先輩に当たるモデルなんですね。

走りの良さに一層の磨きをかけた最上級モデル”GT”は黒で統一された渋いインテリアが特徴でスポーツカーという印象を与えています。

 

マツダシャンテ 1972(昭和47)年式

マツダの軽自動車、R360クーペ、キャロルに続いて3番目にデビューしたのがこのシャンテ

なじみのある庶民的な車でしたね~、リアルでバンバン、ゴロゴロ走っていましたね。

 

今は軽自動車の走りも室内の広さも快適になって、昔の軽自動車を見るとちっちゃ~!って感じです。

この車、こう見えてホイールベース2,200mmというのは当時の軽自動車では最長で、4人が快適に過ごせる広い室内空間がウリだったそうです。

 


スポンサーリンク




マツダサバンナRX-7 1978(昭和53)年式

コレですよね~コレ、サバンナRX-7。

少年時代に惚れ込んだ車です。

 

RX-7のプラモデル、何度も買ってたな~

そうそう、このチェックのシートが斬新だった。

 

少年心ながらにも、多くの人が言ってたマツダのロータリーエンジンはスゴい!というのがまさにこのクルマのことを言ってたような気がします。

 

前後輪50:50という理想的な重量配分が、高速性能を最大限生み出す秘訣だそうで、日本はもちろんアメリカでも大人気のクルマだったのです。

 

マツダ787B 1991(平成3)年式

これはちょっと番外編ということで、歴史展示に続いて現れるRE展示でインパクトのある車種があったので。

 

伝統のある世界最高峰の耐久レース、ル・マン24時間レースにマツダは独自のロータリーエンジン搭載で参戦していました。

過去に13回挑戦してきましたが、1991年に念願の初優勝を飾ったのでした。

654cc*4ローターで700馬力とは圧巻です!

 

マツダミュージアムの展示車はどんな車種があるの?

いかがでしたか?

 

マツダミュージアムに展示されている車種の中から、独断と偏見でピックアップして紹介しましたが、ほかにもたくさんマツダの名車は展示されていましたよ。

 

紹介しきれなかった分も、後ほど一覧に記しておきますね。

あとガイドさんお願い!、ここのコーナーの説明、もう少しゆっくりにして撮影タイムももう少し取って欲しいな~って思いましたね。

ここに入ると、みんな一斉にカメラ片手に写真を撮りまくってましたから。

 

ボクも全車種撮ろうと思ってたし、できたら1車種で前・後ろ・インテリアと最低3枚は撮りたかったのですが、とてもとてもそんな時間はなかったですね。

このコーナーのガイドが終わって、次のコーナーに移動しようとしている時、ボクはまだ半分も写真が撮れなかったです^^

 

マツダミュージアムの中で、ボクのようにこのコーナーを楽しみにしている方、ここはガイドさんの説明は置いといて、必死に撮影に没頭してくださいね!(笑

 

ということで、マツダミュージアムの展示車車種一覧です。

TCS型三輪トラック 1935(昭和10)年式
GB型三輪トラック 1950(昭和25)年式
R360クーペ 1960(昭和35)年式
コスモスポーツ 1967(昭和42)年式
B360トラック 1967(昭和42)年式
ボンゴ1000バン 1968(昭和43)年式
ファミリアプレストロータリークーペ 1970(昭和45)年式
T2000 1971(昭和46)年式
カペラロータリーGR 1971(昭和46)年式
サバンナGT 1972(昭和47)年式
シャンテ 1972(昭和47)年式
コスモL 1977(昭和52)年式
サバンナRX-7 1978(昭和53)年式
ファミリアカブリオレ 1986(昭和61)年式
ユーノスロードスター 1989(平成元)年式
アンフィニRX-7 1991(平成3)年式
マツダ787B 1991(平成3)年式
ユーノスコスモtypeS 1992(平成4)年式
オートザムAZ-1 1992(平成4)年式
ロードスター 1998(平成10)年式

 

どうですか、行きたくなりましたよね?

マツダミュージアムは入館料無料ですが、事前に予約が必要です。
こちらの記事も参考にして下さいね。

 

スポンサーリンク

ブログランキング参加中です。

応援よろしくお願いします!


広島県ランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村

 

【広島が好きじゃけぇ…】へのご意見・ご質問などありましたら、
お気軽にこちらのフォームからお問い合わせ下さい。

コメント